【就活一言アドバイス】面接で気をつけること

2014年10月28日

ad1206cc20e8b5228981a178360dcca0_s
こんにちは!須賀です。
今日は採用面接で気をつけるべきことをご紹介します。

自分の言葉で伝えること

 面接ではあなたの人柄や質問の受け答えの仕方が気になります!
敬語の使い方に気を使うあまり不自然な話し方になるよりは、
自分が普段使う言葉でコミュニケーションをとる方が良い印象になる場合があります。
内容ももちろん考慮しますが、印象的な部分の評価が大きいです。
また、ある程度予測した質問をされた場合、
用意していた答えが当てはまってそのまま話すと棒読みになってしまい、
良い印象が持てないことがあります。
回答を暗記していても抑揚や言い回しはその場で自然な話し方になるようにすると、
余裕のある回答になるのではないでしょうか。

 

わからないことはわからない

 質問されたことに対し、わからないにも関わらずそれを悟られまいと
無理に取り繕ってみたり、しばらく無言になってしまったり…
やはり良くない印象になります。
難しい質問をされ円滑なコミュニケーションが維持できないのであれば、
素直に「わからない」ということを伝えてください。
質問に「わからない」と回答するのはマイナス要素ではありません。
(もちろん、あまりにも「わからない」が多いとちょっと…ですが)
また、ただ「わからない」だけでなくそのアフターフォローが大事で、
質問内容が理解できないなら
「質問の意図、内容は○○という認識で間違いないでしょうか?」
と聞きなおしてみたりすると、しっかり受け答えしようという姿勢が伝わりますし、
自分の考えを整理する時間もとれるので答え易かったりします。
「面接」は採用担当者と皆さんのコミュニケーションの場です。
面接官は部屋に入る時のノックの仕方や、お辞儀の角度などは気にしていません。
会話というコミュニケーションをとり、学生の皆さんの人柄や考え方を知りたい
だけですので、あまり気を張らず、形式ばった動作や受け答えにならないようにすると
良い印象を与えることができるし、本当に伝えたい思いも伝わるはずです!
これらは実際に私が就職面接で意識していたことでもあります。
少しでも皆さんへの面接アドバイスになればと思いご紹介しました。
さらに詳しく聞きたい方は是非、当社説明会にご参加ください!
当社のエントリーはコチラ!

この記事を書いた人

M.S
M.S
経営企画室営業企画グループのマルチプレーヤー。システム導入における現場作業や、クライアント先で常駐保守サポートなどの業務を経て、営業職にジョブチェンジ。SEのようにシステムを把握し、いざとなれば設計や開発も自分でこなす・・・そんなさらなる「最強」の営業マンを目指し、また今日も向上心を燃やす。

「先輩に聞く」http://ssk-com.jp/recruit/senior/s_suga.php