【従業員と会社の関係】終身雇用より、どこでも通用するスキルを

2014年11月06日

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_s

こんにちは!新卒採用担当の高橋です。

皆さんが会社を選ぶとき、どんなところにポイントを置きますか?
どのポイントを優先するかは人それぞれですが、

ポイントの一つに、

「定年まで働ける会社であること」が入っていませんか?

当社は、社員を自社で定年まで雇用することにこだわるのではなく、
 
社員がどこにいっても働けるレベルのスキルや
 
経験を積ませることが大切であると考えます。

これからは、入った会社でしか通用しない経験やスキルを持つ社員には、
ますます厳しい時代になっていくからです。

日本社会全体がグローバル化する中で、

これまでにないスピードで

企業の体質改善が求められていくでしょう。

もちろん企業だけでなく、日本人の価値観そのものが変化していくでしょう

つまり、

変化に適応できない人材は、市場価値が低くなっていくのではないでしょうか?

どこにいってもだれといてもお客様に期待されるパフォーマンスを
 
発揮できる人材に育てていくこと、
 
そして社員が刺激し合って成長していくことが、
 
当社の企業風土の一つです。

みなさんも一緒に成長していきませんか?

当社へのエントリーはこちら!

エントリーはこちらから

この記事を書いた人

C.T
C.T
経営企画室において、SSKCの人事を担当。知性に溢れ、幅広い業務をテキパキとこなす働きマンだが、常に笑顔を忘れないムードメーカー。

「先輩に聞く」http://www.ssk-com.jp/recruit/senior/s_ct.php